96.相続の手続きと相続人がやること

query_builder 2023/11/10
相続
(家とはな)13・21・28・35

人が死亡すると日本ではお通夜、告別式が通常行われます。


死亡から7日以内に死亡診断書の取得、死体埋葬火葬許可証の取得(通常葬儀屋が手配してくれる)、死亡届の提出が必要であり、その後葬儀終了後には遺言書の有無の確認、個人の財産調査、遺産分割協議書の作成、生命保険の請求をします。


銀行や証券の口座変更や不動産名義の変更(遺産分割協議書に記載)も必要となります。


行政上は死後10~14日以内には健康保険や介護保険の資格喪失届の提出、住民票の抹消届と除票の申請、該当する場合の世帯主の変更や年金受給停止手続きと死亡届の提出が必要です。


相続放棄や限定承認は3か月以内、故人の所得税の準確定申告は4か月以内、相続税の申告は10か月以内に手続きをすることになります。


すべてが該当するわけではありませんが、ほとんどが一人の死去でその相続人たちがする手続きであります。

----------------------------------------------------------------------

横須賀・三浦の不動産売却相談センター

住所:神奈川県横須賀市久里浜4-6-3

電話番号:046-833-3733

----------------------------------------------------------------------